次の壁に進むにはシンプルに質上げ

こんにちは!大阪一コートを使用しないテニスコーチ、山田です!
自分が一歩先に行くためには、一時的に負けを経験する事も大切だと、ぼくは思います。
・上のレベルで、なかなか勝てない
・上のレベルになると、すぐに打ち込まれてしまう
・上のレベルになると、すぐにコントロールされる
上のレベルになると、立ちはだかる壁ってありますよね。
この壁を越えるためには、一体どうすれば良いのでしょう?
一番単純な方法で考えると、質上げ、です。
根本的に自分のショットの質が、上のレベルに達していないわけなので、質の向上が大切だと言えます。
コースの厳しさ、浮かさなさ、回転量、その様々な点で質上げが大切だと言えるでしょう。

質上げについてくるもの、それは「敗北」

ここで大切なのは、それに対するエラーの量産と、それによる敗北です。
ある程度のレベルで勝てるようになると、次のステップアップのために、エラー覚悟で、負け覚悟で、質の高ボールを練習していかないといけない分けですが、これを、「負けたくない」という気持ちが勝ってしまい、結果、なかなか自分の枠から抜け出せないようになってしまいます。
「ミスしてはいけない」というテニス的な意味で言うと、これは非常に大切な事なのですが、ステップアップの目的で考えると、少し残念かもしれません。

負けても良いので1ランク上に挑戦したい所

もしそれで、今の自分から抜け出せないと言うなら、いっその事、上のレベルにどんどん挑戦しましょう。
上のレベルに出て今の自分のボールでは、太刀打ちできないという事を肌身で感じ、そこで質上げのトレーニングを行いましょう。
それに上のレベルでしたら負けても良いわけなので、どんどん挑戦出来ますしね☆
なんにせよ、ステップアップを行うための「負け」は必ずついてきます。
ですから、「負ける事」「失敗する事」を恐れず、どんどんトライして頂ければと思います。
その負けの積み重ねが、皆さまを大きくするとぼくは思いますので☆
それでは今日はこの辺で。
大阪一コートを使用しないテニスコーチ、山田でした!

メルマガもやってます!

詳細はこちら!
myscoaching.info/mail-magazine/
ご登録はこちらから!